会員登録で講義動画、練習問題集、各種テスト、ウェブ模試などが使えます。問題数3000超。問題と連動した分かる講義動画。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 学習全般について
  2. 再受験生の学習の注意点

再受験生の学習の注意点

再受験生と言っても、どれ位の下地があるのかは、それぞれでしょうから、前年度の試験の得点がどれ位であったかを前提としてお話します。

150点以下
行政書士試験では、ある程度の努力をすればほとんどの人がすんなりと150点付近までの実力はつきます。そういう意味で150点以下だった受験生は、恐らく自分自身でも「合格しない可能性が高い」「あまり勉強をしなかった」という認識のもとに試験日を迎えた方が多いのではないかと思います。
一方で、ある程度の期間しっかりと勉強しているのにこの点数に至らなかったという方は、その学習における方法や計画等に大きな問題があるのではないかといえます。
いずれにしても、150点以下ということは本サイトで掲載している過去問題のレベル付けで言うと、レベル1~3の問題を多く落としている状況ですから、言い換えれば、基礎学力がまだできあがっていないと言えます。
したがって、今年の受験に向けて学習するに当たっては、前年度の下地があるという認識は持たないほうが良く、初受験と同様の学習計画、すなわち全分野テキストによるインプットからやり直す必要があるかと思います。
また、ある程度の期間しっかりと勉強したのに150点以下という方については、本サイト内のQ&A集をよく読んで、受験するに当たっての心得的なものも参考にして取り組む必要があるかと思います。
なお、受験した年度が昨年ではなく間が開いていると言う受験生の場合も、たとえ150点以上であったとしても忘れている部分が多いでしょうから同様に一からやり直す必要があるかと思います。
151~170点
前年の試験が151~170点であった方は、一定の努力はしたものの行政書士試験を甘く見ていた方に多いのではないかと思います。
一定の基礎知識は出来上がっているもののまだ不足がある状況と言えるので、今年の受験に向けて学習するに当たっては、全体の基礎知識の底上げが必要であり、特に弱点となっている分野については、本サイトの練習問題を手につける前にもう一度インプットからやり直す必要があるかと思います。
参考書は、本サイトの法改正情報などをチェックすればそのまま使用できますが、心機一転して、変更させると言うのも一つの策です。
これは、決して不合格の原因が、昨年使用した参考書の質であると言う意味合いではなく、たとえ同じ内容が書かれていても、違う言葉で説明されていることによって、より深く理解し、知識の幅を生むことに繋がりやすく色んな角度からの問題文に対応しやすくなるからです。
例えば、問題を解いて分からなかった場合に解答をみてみると「あーこのことだったのか」というときがありますが、こういうのが減っていきやすいです。
また、基礎が不足してるわけですから、過去問題の学習も再度しっかりやる必要があるかと思います。
171点以上
このレベルにある方は前年度の受験の際は、十分に努力された方が多く、それだけに今後どのように学習を進めればよいのか見失ってしまっているという方も多いようです。
170点以上であった方は、一定の基礎知識は出来上がっていると言えるので、参考書についてはいわゆる学者本なんかを使用して見ても良いかと思います。
一般に、不合格したからと言って学習の範囲を広げる策を講じるのは、あまり推奨されず、基礎を見つめなおすべきだと言われますが、このレベルにある方であれば、大丈夫だと思います。
もっとも、演習力・応用力と言ったものの不足が180点取れなかった最大の原因と言えるので、学習の中心に据えなければならないのは本サイトの練習問題や市販の各社の予想模試など練習問題を多く解くということです。
また、縁起の悪い話ではありますが、170点台を繰り返してしまうという受験生は多くいるので、くれぐれも「後一歩だった」と言う油断を持たないことです。何もしなければ当然記憶はどんどん薄れていきますので、なるべく早くに学習を再開するべきだと思います。
仮に現状維持にプラス1歩分のレベルアップを図ったとしても、毎年合格率に大きな開きがあるように、次の試験の難易度で考えれば、必ずしも後一歩分の勉強で良いとは言えないですし、同じ10点分のレベルアップでも140点→150点とは訳が違い、170点→180点へのレベルアップには1点1点に大きな壁があるという認識が必要かと思います。
なお、合計で180点以上取ったのに一般知識等でアシきりで不合格となった方は、言わずとも一般知識等を中心とした学習計画を組み立てると言うことでよいかと思います。

最後に
「運良く合格することはあっても運悪く不合格することはない。不合格だったのには必ずその原因があるはずである。」
勝負事や資格試験においてよく言われる言葉です。
不運であったと結論づけるのは簡単ですし、また、実際に不運がなかったとは言えないのかもしれません。
しかし、そこに敗因をもっていっては、何ら成長は望めず、同じ轍を踏むことになってしまいます。敗因を真摯に見つめて、受け止めて、そしてしっかりその対策をして、前年度と比較して明らかなレベルアップをした状態で試験日が迎えられるように頑張って下さい。
  1. 学習全般について
  2. 再受験生の学習の注意点


ページの
先頭へ