会員登録で講義動画、練習問題集、各種テスト、ウェブ模試などが使えます。問題数3000超。問題と連動した分かる講義動画。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 学習全般について
  2. 学習する順番

学習する順番

一般的に推奨される学習する科目の順序としては、基礎法学・憲法・民法を前半に学習するという順序で、具体的には「基礎法学→憲法→民法→行政法→商法」や「基礎法学と憲法を同時進行→民法→行政法→商法」とし、一般知識等は常に同時進行で勉強するか、又は最後に持ってくるというのが理解しやすいとされてます。

また、受験経験のある人は、あまり科目にとらわれず関連する所を中心に学習を進めていくという方も多いようで、ある程度基礎が出来ている方には有効な方法だと思います。
例えば部分的な所を挙げると「憲法→行政法(国家賠償法)→一般知識等(政治経済)」「基礎法学→一般知識等→行政法(地方自治法)」「多肢選択式対策→一般知識(文章理解力)」という感じです。

いずれにしても、関連付けて学習するというのは、理解しやすく記憶にも残りやすいですし、また、法の垣根を越えた問題にも対応しやすくなるのではないかと思います。
法の垣根を越えた問題というのは本来の出題分野とは違う法律の知識で解く問題のことです。
例えば、平成20年問14(行政不服審査法)は、憲法の知識で解く問題でしたし、平成22年問24肢エ(地方自治法の住民訴訟)は、行政事件訴訟法の民衆訴訟という観点から解けば正解にたどり着く問題でした。

  1. 学習全般について
  2. 学習する順番


ページの
先頭へ